【ウールマット必須!】快適!薪ストーブと暮らそう

薪ストーブのある暮らし

こんにちは。ちちです。
まちなかで山小屋みたいな家に暮らしています(笑)。

山小屋といえば「薪ストーブ」ですよね!
と少々強引ではありますが、
薪ストーブが楽しすぎるので強調したいところです♪( ´▽`)

fireplace-195296_640

部屋の中で火を焚いていると、なんだかすごく落ち着きます。

眺めているだけでうっとりしてくるのですが
なぜかワケもなく火をいじりたくなります。

「火遊びするとおねしょするよ」とばあちゃんにしつけられたものですが、
これだけはやめられません。

fire-1271132_640

ついつい薪をひっくり返したりしちゃいます。

必然の大惨事

なぜでしょうか?男のサガでしょうか?
いやいや女性もそうに違いありません。

大きな薪が、片側だけ燃えていると
グルンとひっくり返したくなってきます。

先日、無理やり入れた大物をどうしてもひっくり返したくなって
よせばいいのに火ばしで掴んでエェイ!!

fire-227291_640

えぇーい!

グルリン!とひっくり返った瞬間、
赤々と炭になって燃える薪のかけらがガサッと落ちてきました!

「うわーっ!」

大声をあげて後ずさったので
なんとか足の上に落ちるのは免れたのですが、
床が!無垢板の床が!

焦ーげーたー!
(T . T)

ウールマットが大事

薪ストーブの前には、よくマットがひいてあります。

まあ、炭や灰でよく汚れるので、マットがひいてあると
汚れが目立たず掃除もしやすいです。

こんなやつですね。

こんなやつですね。

で、先ほどの一件のように
燃えた薪が落ちてきても床が焦げずにすみます。

マット選びのポイント

ここで大事なのは、
難燃性の素材のマットを選ぶことです。

オススメはウール100%のマットです。
ウールは燃えにくいので、
もし多少の炭が落ちてもすぐに取り除けば焦げ跡が残る程度です。

ぱっと見は似ていますが、アクリルなどのラグやマットをひくと
溶けて穴が開いたり、カチカチになってしまいます。
最悪の場合、燃え上がる可能性もあります。

必ず難燃性のマットを選んでください。

あと、ウールマットは
ログハウス向けのかっこいいデザインのものや
ペルシャ絨毯のような本格的なものは、すごい高価です。

僕も最初探していた時に、何万もしてたのでびっくりしました。

たいてい値段がヒト桁違っててびっくり。

たいてい値段がヒト桁違っててびっくり。

ネット通販とかだと
シンプルで手頃な値段のものも見つかりますので
まずはお手頃なものから始めてみるのはいかがでしょうか?

山小屋より、愛をこめて。

ちち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする