【住みやすい土地を探そう!】土地選びはじっくりと。

土地を探すのはハードルが高い?

家を建てるにあたって、
すでに今住んでいる家があって、その場所に建て替えることもあるでしょうし
今はアパートとか借家で、新しく土地から探すこともあると思います。

ウチは、借家住まいだったので、土地から探しました。

僕もヨメも、もともと東京や大阪で、転職を重ねたので
何度もアパートやマンションを引っ越してきました、

なので、新しく住む場所を探すということは
ものすごくウキウキします。

movingcar
とはいえ、新築のための土地探しとなると
もしかするとそこが終の住処にもなるかもしれませんし、
何よりすごく高価な買い物です。

アパート探しに比べて
とんでもなくハードルが上がるのでしょうか、
チラシや不動産屋を探しても「欲しい」と思える条件の土地は全然ありませんでした。

どんなところに住みたいのか

そもそもどんな場所に住みたいのでしょうか?

・買い物に便利
・通勤や通学に便利
・自然も近くに欲しい(運動や遊べる場所)
・治安がいい
・日当たりがいい

くらいは、誰もが理想に思うところかもしれません。

moving-house
探してみるまでもなく、
これら全てを満たすような条件の土地は
なかなか売りに出されることもなく、
売っていてもすぐに売約済みになるか、
なかなかオモテの流通には乗らないような気がします。

さらに、これらの条件を満たしてかつ、
できれば「広くて安い」なんて当然思いますから
まあ見つけるのは難しいかもしれません。

どうやって土地を探したか

僕は、まず折り込みチラシやフリーペーパーの不動産広告をくまなくチェックしました。

ちょっと高くても、ちょっと狭くても
条件に合いそうな物件を見つけると、
Googleストリートビューで周りの様子を調べてみたり
車で周辺を走ってみたりして
実際どんな土地なのかを確認してみました。

ForSale

その上で、気に入ったところは
不動産会社に電話で問い合わせました。

けっこうチラシに出ていても
「もう売れてしまったので、他の物件を紹介します」と言われたり
実際見に行くとすでに家を建てている途中だったりしたこともあります。

これらは、タイミングももちろんあるでしょうが
いわゆる「おとり物件」とか「釣り物件」などといわれるような
ものである可能性もあるのでしょう。

実際、良さそうな条件で物件が見つかると
今度は「この土地はナゼ売れないんだろう?」と
逆に考えてしまうこともありました。

もしかして近所づきあいが難しい土地だろうか?
何かいわくつきなんだろうか?
など悩み始めるとキリがありません。

hountedhouse

いわくつきだったらコワイ。

不動産屋さんに聞いても、
不利な理由であったり不確実だったりすると、親切には言わないかもしれません。

そんなこんなで悩んだ挙句に、
知り合いの建築家に聞いてみることにしました。

人気や不人気の地域と、その理由についても教えてもらいました。

やはり普段から建築に関わっている方は
知っている情報は多いものです。

誰かに後押ししてほしい

最終的に、我が家は、良さそうな物件を何件か見繕って
建築家といっしょに現地確認してもらいました。

その中のひとつで、
「ここはすごくいい場所だから、ぜひ建ててみたい。」ということになり
背中を押してもらう形で、その土地を購入することになりました。

bangee

押してもらわなきゃ飛べない。

土地購入は、一生に一度かもしれない高価な買い物です。
やはり、慣れた人に太鼓判を押してもらえると安心できます。

迷う時は、ぜひ建築家などに相談するのがオススメです。

もちろん、相手にも何らかのマージンなどのやりやすさや
設計契約するために、いいことを並べる可能性もありますので
信頼できる建築家を選ぶことも大事ですね。

山小屋より、愛をこめて。

ちち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする