【どんな家にしたいか?を考えよう!】家づくりする前に話し合うべきこと

家づくりの話は、突然やってくる。

当たり前のことですが、家を建てるにあたって
自分たちがどんな家にしたいか?
を考えることは大切です。

think-people1

みんな考えることはバラバラです。

ですが、往々にして
家を建てる話は、きっかけやタイミングが突然であることも少なくありません。

親から援助付きで建て替えをプッシュされたり、
いい土地が突然見つかったり、
家族構成が変わったりなど、
「まあいつかは」なんて思ってたはずだったのに
「じゃあ建てようか」みたいなことが、ある日突然訪れるものです。

enter

その場合、新しい家のイメージは固まっていないので
話がなかなか進みません。

そんな家族が多いせいか
ハウスメーカーはそのあたりをよく考えています。
モデルハウスもよくある家族の要望にポイントをおいて提案してきます。

「そう言われればそうだなあ」と納得してしまい
プランを任せて、建てた後に
「こんなのいらなかったんだけどなあ?」となることも多いものです。

街を歩いていてよく見かける、
通りから丸見えの、むき出しのウッドデッキや
ずっとカーテンが閉まったままの、道路に面した掃き出し窓などは
その一例としてわかりやすいのではないでしょうか?

terrace

これくらいどーんと広がってればいいのですが・・・

「暮らし方」を考えることが大切

「どんな家を建てたいか?」を考えることは
「自分たちがどう暮らしたいか?」を考えることです。

それは、日々のご飯を食べる場所とかお風呂の広さとかの「間取り」ではなく
『仕事で疲れて帰ってきて優雅な気分でゆったり休む』とか
『子どもたちとワイワイにぎやかに毎日楽しむ』とか
生き方のテーマ設定のようなものかもしれません。

housekit

それが決まれば、おのずと間取りや設備が見えてくるものです。

難しいのは、暮らし方は将来変わってくるという点です。
子どもが大きくなったり、親や自分たちが年老いてきたりといった心身の変化は生活を大きく変えます。

昔は、定年になったら第二の人生を満喫したいという人を
よくメディアで見かけましたが
実際には、老後の家計が不安だったり、体調もそんなに元気ではなかったりして
そんな気にはなれないということも多いのです。

aging power

なかなか理想どおりにはいきません。

とはいうものの、将来の介護のしやすさを考えて、
アクティブな楽しさをあきらめて
老人ホームのような家にしてしまうのも考えものです。

ちなみに、家は定期的なメンテナンスも必要です。

将来の暮らし方が大きく変わった場合には
メンテナンスのタイミングに合わせて
間取りや設備の変更も含めたリフォームを行うというのが理想的です。

薪ストーブを導入したワケ

我が家も、何度も夫婦会議を開いて暮らし方を考えていきました。

・シンプルな家
・子どもがのびのびできる家
・暖かい家
・陽射しの明るい家

くらいが二人で一致していた部分でしたが
じゃあどんな家にするか?という方向性が定まらずじまいでした。

そこでメインとなるアイコン的な何かを決めれば考えやすくなると思い
ネットでいろいろ調べていたところ
奥さんがある薪ストーブに一目惚れしました。

craftman

それはクラフトマンストーブという、
薪とペレット(木粉を固めた粒形燃料)を併用できる
珍しいタイプの薪ストーブでした。

そのしくみやコストパフォーマンスなど
いろいろ魅力的でしたが
奥さんは何よりもそのインパクトあるルックスに惚れ込んだようです。

他とは一線を画す、そのロボットのような佇まい。

果たして我が家は、この「クラフトマン」を家族として迎えることを決めたことで
そこから新しい家のプランが、どんどん広がっていきました。

housekit2

夢が広がります

「テーマとなる、お気に入りの重要アイテムをまず決める」

これが家を建てるときのポイントとして、オススメです!

山小屋より、愛をこめて。

ちち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする