【部屋干しはカッコ悪いよ!】洗濯ものをどこに干すか考えよう

洗濯干し場の生活感を何とかしたい

みなさん、洗濯ものはどこに干していますか?
たいていの方はベランダでしょうか。

最近のおうちだとサンルームのような専用の干し場がある方も多いかもしれません。

sunroom

街を歩いていて、素敵なおうちだなあと思って足を止めて眺めていると
洗濯ものがベランダに堂々と干されていると
生活感があふれて、もったいないなあと感じます。

さらに気になるのは雨の日です。

マンションでは仕方ないのでしょうが
雨の日に外に干しておくと濡れてしまうので、「部屋干し」になります。

洗濯ものって見られても平気?

以前、ある方が家を新しく建てたということで
見せていただこうと思いお邪魔しました。

その家は、メインのドアを開けると目の前に薪ストーブが設置されてあり、
そこからリビングやキッチンなど大きな一室空間として広がるステキな空間でした!

うおぉ!と声をあげて、ヨメと見渡した時、
入ってすぐの薪ストーブの横に洗濯物が干してありました。

その時、ヨメと目を合わせて、
(あー、外に干せない日はそうなるよねー)と。

heyaboshi

イメージです

他の家でも、たまたま雨の日にお邪魔したりすると、
綺麗で素敵なおうちなのに、リビングの片隅に干されています。
家は自分たちが生活する空間なので、
「服が乾く」ことのほうが大切なのはわかりますが、
僕は何だか残念な気持ちになってしまいます。

とはいっても、ウチも部屋干し派

ウチの奥さんも他人のことは言えず、
乾かない日は部屋干しします。

当時住んでいた借家では、雨が続けば3日干しても乾かず、
果てにはカビが生えてくるという環境だったので
暖房のすぐ横の長押に、ビッシリと並べてありました。

仕事から疲れて帰ってきて
洗濯物に囲まれたちゃぶ台でご飯を食べていると
何か「物干し小屋」で避難生活しているような、寂しい気持ちになったものでした。

「何とかしてほしい」と頼んでも、その場はわかってくれるのですが
やはり乾かないと部屋干しになり、
何度か続くと口論になってしまう状況でした。

これはつまり、奥さんとしては
「部屋干しをしたい」ということなんだな、と理解しました。
なので、我が家は、家を建てるにあたって
部屋干しできる「物干し部屋」を作ることに決めました。

ベランダに干さない、という発想

物干し部屋をつくるにあたって、
逆に、ベランダなど外や日向には絶対に干さなくてもいいように
いつでもカラッと乾く空間を、リビングとは分けて作ることを考えました。

というのも、そもそもコストや土地の関係で、広い家が作れるわけでもなかったので
洗濯機やお風呂など水周りを、南側の日当たりがいいところに置けるような
間取りは難しい状況でした。

洗濯機から、洗ったものを取り出して干す場所まで移動すると、
手間なだけでなく、どこに干そうか状況に応じて考えることになります。
それが「雨の日にリビングに干したくなる」という発想につながるのではないか?という仮説です。

なので、洗濯機と同じ部屋に干す場所を用意することにしました。

dryroom

こんなのステキだー!(イメージです)

さて、狭い土地に小さい家を建てるのに
「物干し部屋」をつくるという無謀な計画。

はたして我が家の物干し部屋がどうなったかは、次回をお楽しみに。

山小屋より、愛をこめて。

ちち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする