【薪ストーブの維持って大変!?】煙突のお掃除どうしよう

薪ストーブ導入前にみんな考えること「お手入れ」

こんにちは。ちちです。

我が家にはよく新しく家を建てようと思っている方が訪ねてきます。

その中には、薪ストーブを絶対入れたい!って人も少なからずいます。
そんな方々からのよくある質問の一つに、
「お手入れどうしたらいいんでしょうか?」というものがあります。
薪ストーブのお手入れは、大きく分けて二つ。

一つは、日々の灰や庫内のお掃除。

もう一つは、煙突のお掃除です。

意外にシンプルな「毎日のお手入れ」

基本的な毎日のお手入れとしては、
「燃え尽きた灰の始末」と、「庫内の掃除」です。

我が家の薪ストーブは、ちょっと変わってるので
参考にならない部分もあるかもしれませんが、
特に必要なのは同じだと思います。

灰は、ちゃんと乾燥した薪をうまく燃やしていれば
想像以上に少ないもので、毎日までは掃除しなくてもいいかもしれません。

溢れるほどたまっていると、床に落ちてきたりして危険なので
灰受けに落として、ある程度たまったら捨てます。
灰はどこにでも捨てていいものでもないので
地域で決まっている捨てる方法を必ず確認したほうがいいです。

fire-1539776_640

あと、庫内の掃除については
これも神経質になる必要はなさそうですが
扉などのガラスについては
汚れていたらこまめに掃除したいところ。

くすんでいると、せっかくの揺らめく炎が見えにくくなってしまい
薪ストーブの魅力が半減です。
ガラスが熱いまま掃除すると、割れたりもろくなったりするので
庫内が十分冷めてから掃除することが大切です。

僕はいつも朝の焚付け前に手入れしています。
専用のクリーナーを使うとピカピカになりますが、
なければ細かい灰を濡れたボロ布につけて
石鹸代わりに軽くこすると、
簡単なくすみなら綺麗にとることができます。

煙突を掃除しないと危険?

薪を燃やすと、特に焚付けの時や火が落ちてきたときに
不完全燃焼に伴ってタールを含んだ煙が発生します。

これは煙突を伝って排出されるので
家の中は大丈夫なのですが、
煙突の中を通るときに冷やされて煙突の内面にこびりついていきます。

薪が十分乾燥していなかったりすると
大量に発生して、ひどいと庫内に垂れてきたりすることもあるそうです。

で、このタールですが
煙突内にたまると何がいけないかというと
あるタイミングで引火することがあるらしいのです。

ネットで調べてみると
けっこうな数の煙突火災が見つかります。
煙突の中なのですぐに家が火事になるわけではないようですが、
煙突自体がすごく加熱するので、
最悪の場合、壁との接点などから家自体に引火することもあるようです。

この「煙突火災」を防ぐには
煙突の中にタールをためないことが重要です。

もちろん十分に乾燥した薪を使うことや
薪以外のものを燃やさないことは大切です。

それでも2〜3年使っていると、ある程度はタールがたまってくるようです。
なので、できれば1年に1回は点検も兼ねて煙突掃除を行うといいです。

でも煙突掃除なんて怖くてできない!

我が家も登りやすい屋根ではないので
煙突掃除は正直怖くてできません。

new-years-eve-1105827_640

なので、専門の業者さんに来てもらって
有料でお掃除してもらっています。

おそらく導入してもらう薪ストーブ屋さんで請け負ってくれたり
紹介してくれたりするはずです。

値段は業者さんによっていろいろでしょうが、
まあ無理をして怪我をすることを考えれば
1年に1回なら安いものかもしれません。

薪ストーブ導入をお考えのみなさん、
やってみるとそんなに大変ではないので
お手入れのこともぜひ考えてくださいね。

山小屋より、愛をこめて。

ちち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする