【土間って本当に便利!?】土間の間取りを考えよう!

土間は間取りが難しい。

家を建てるにあたって、土間が欲しいと思っていました。

だって土間があればいろんな作業ができたり、
少々の汚れも気を使わずに使えるから便利!

domaex

イメージです

というわけで、土間をつくるにあたって
その場所と面積、すなわち間取りに悩みました。

(もちろん土地の面積や、建築予算に制限のない方は問題ではないかもしれません)

1)キッチンを土間にして清潔に使いたい。でも寒いのはイヤ。
2)玄関横クローゼットを土間にして濡れたものを一時置きできるようにしたい。
3)リビングを土間にして子どもたちが汚しても気にせずに使いたい。

この3点が、我が家の土間に対する希望ポイントでした。

1)キッチンを土間にして清潔に使いたい。でも寒いのはイヤ。

ウチは夫婦とも料理好き(中華鍋ラブ!)なので、
油や汁でベトベトになるのは目に見えていました。
今まで住んできた家でも、掃除は大変でした。
なので、飲食店のような土間床のキッチンは魅力的でした。

kitchenfoolr

これならお掃除も簡単

寒さについては、まずはフロア全面の床暖房を提案されました。

でも木の床については、断熱と無垢板でそれなりに暖かいとのことで
ランニングコストを考えて、床暖房は見送りました。

何度も話し合ったところ、
「寒いのは冬の朝食を準備する時間くらいかな」と、考えました。

そこで、その時間(おそらく20分くらい)だけ
足元ヒーターをつけて対応すればいいかなということになりました。

2)玄関横クローゼットを土間にして
濡れたものを一時置きできるようにしたい。

ウチは土地が狭く、コストもかけられなかったので、玄関を小さく作る方向でした。

そこで、玄関横のリビングへの通路としてクローゼットを配置。

walkincloset2

こんなのはオシャレすぎますね笑

そのクローゼットの半分を土間とすることで、
傘やコートなど濡れたものを置けるように考えました。

3)リビングを土間にして子どもたちが汚しても
気にせずに使いたい。

リビングはLDKとしてなるべく大きく間取りしてほしいという希望でした。

とはいえ、建築強度や収納、階段の配置との兼ね合いで、
キッチンも入れて18畳程度くらいが最大でした。

そのサイズの中で一部だけ土間にすると、
土間も木床部分もどちらも、中途半端で使いにくいのではないかという話になりました。

なので、リビング全面を土間床にするか、土間をなしにするか、だいぶ悩みました。

全面土間にすると、ガレージハウスやカフェのような
土足で暮らすようなライフスタイルもできそうで、かなり魅力的でした。

fulldoma

こんなの憧れますねえ

でも最終的に、「暖かい家にしたい」ということと
子どもたちがまだ小さいことを考えて、
裸足ですごしたり、床に寝転んだりしたいだろうという話になり
リビングは土間をなしにして、全面を無垢板の床にしました。

土間のある家はオススメ!

間取りはなかなか難しいですが、
土間のある暮らしは、いろいろライフスタイルを広げてくれます。

最近は個人の趣味の幅も広がっていますし、
新しく家を建てるなら、家での過ごし方も無限です。

迷っているなら、ぜひ土間をオススメします。

domasalon

こんなの憧れます。

ちなみにリビングは、室内土間はあきらめましたが、
外のバルコニーを土間として、開口するとつながるようにしました。

これもスゴイオススメなので、また紹介します。

山小屋より、愛をこめて。

ちち。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする